かみさま夢風鈴
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
yumehurin-img1.jpg yumefurin-img2.jpg yumefurin-img3.jpg yumefurin-img5.jpg yumefurin-img4.jpg  
 
Photo by Satoshi Takase
 
 
神社の鈴 仏壇の鈴
祭りばやし 除夜の鐘
昔から日本人は音を鳴らすことで
目に見えないものに想いを伝えてきました
暑い夏の盛り
夢すき公園に 風鈴の音を鳴らす
色とりどりの願い短冊が揺れています
夢 望み 感謝
大切な想いが 風鈴の音とともに
神さまのもとへ届きますように 
 
願い短冊の全額寄付についてのお知らせ
旧暦の七夕に合わせた「願い短冊(祈祷済み)」を、毎年100円でご購入頂いてきましたが、今年は「令和2年7月豪雨」災害支援金として全額寄付させていただきます。皆さまのご協力をお願い致します。

 
 
 
2020年、いよいよ「かみさま夢風鈴」の夏が来ました。
しかし今年は、新型コロナという未知のウイルスとの闘いの最中にある夏でもあります。
開催か、中止か、非常に迷いました。
しかし、会期が1カ月間と長いので来場者の密集が避けられること、
広い敷地内での屋外展示イベントであること、
川沿いの山間地で風通しが良いこと、
ワークショップも公園の藤棚の下で行うこと、
それらを踏まえたら、やはり中止という選択肢はないとの結論に至りました。
むしろ、今までと違う生活に疲れ、閉塞感を抱えている皆さんに
風に揺らぐ和紙や涼しげな風鈴の音、コトコトと回る水車、
悠々と泳ぐ池の鯉、たった一両で走る可愛い電車などを見て
少しでも心穏やかな時を過ごして頂けたらと思っています。
ただし、ご来場頂く方にお願いがあります。
人の側ではマスクを着ける、ソーシャルディスタンスを取る、体調の悪い方は来場を控えるなど、新型コロナウイルス感染防止にご協力いただき、夢風鈴をお楽しみください。

2020年度ポスター

主催者からのお願い
 
 
真夏の屋外イベントです。適宜マスクを外すなどしながら
新型コロナウイルス感染防止にご協力ください

 
神代和紙を使ってオリジナル風鈴を作ります
「ガラス風鈴づくり」
 
色染めした神代和紙を切ったりちぎったりして、外見であるガラスや短冊に模様を付けて、世界に一つだけのオリジナル風鈴を作ります。貼り付けた和紙は、触らなければ数年は落ちることはありません。早い人で15分、あれこれ工夫をする人で1時間ほどかかります。
毎年人気のワークショップです。予約は要りませんが、希望者が多い場合はお待ち頂くことになりますので、ご了承ください。
 

 
期 間:2020年8月8日(土)・9日(日)・10日(月)
時 間:午前10時~午後3時
会 場:夢すき公園内 藤棚の下 ※雨天の場合は紙の館内
参加費:1,000円(風鈴1個製作)
 
※日陰ですが、タオルと水分補給できるものをご持参または公園内の自動販売機をご利用ください。

130基の灯りが公園内にともる
「かみさま夢灯篭」
 

 
 お盆に合わせ、夢すき公園内に130基の竹灯篭を設置します。毎年お盆は、大勢の帰省客があり、夏祭り(盆踊り)はとてもにぎやかですが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、すでに夏祭りの中止が決定しています。
 しかしお盆がなくなったわけではありません。先祖の精霊をお迎えする13日からお送りする16日までの間、夜7時から9時まで灯篭を灯します。灯篭には、地域の子どもたちが描いた「夢」が鮮やかな色合いで描かれているので、ぜひ1基1基ご覧ください。
 
設置場所:夢すき公園内
設置期間:2020年8月13日(木)~16日(日)
点灯時間:午後7時~9時
 


展示会場
岡山県新見市神郷下神代1977-1 夢すき公園 紙の館・日本一の親子孫水車
【定休日】水曜日(紙の館・キッチン神代)
※公園内に展示している「夢風鈴」は定休日に関わらずご覧いただけます
 
■お車でお越しの方
中国自動車道 新見IC~国道182号線広島県庄原市方面15分
 
■電車でお越しの方
JR伯備線 備中神代駅下車~タクシー5分 徒歩20~30分