靭皮が紙になる 和紙独特の技術

和紙ができるまで

 
 

和紙の材料
コウゾ
クワ科の落葉低木
靭皮繊維は太く強いのが特徴

 
 

ミツマタ
ジンチョウゲ科の落葉低木
靭皮繊維は細く強いのが特徴

 

トロロアオイ
オクラに似た花を咲かせる
根からネリと呼ばれる粘液を採取する

 

 

紙漉きの工程

紙漉きは冬に行われます。保存会では、毎年11月~3月の不定期日に作業しています。
 
 
 

 
煮熟(しゃじゅく) 


 和紙は楮や三椏などの植物の皮が原料です。蒸気で蒸した木の皮を剥いだものを黒皮、その内側の皮を白皮といい、紙漉きには主にこの白皮を使います。木の内部繊維(パルプ)を使う洋紙と比べて紙質が違うのは、原料が違うためです。
 乾燥した白皮は、二晩ほど水に侵しておきます。浸すことで繊維が柔らかくなり、煮熟のときのむらがなくなります。
作業場である「紙の館」の裏庭に設置している、大釜に水と原料、ソーダ灰を加えて煮ること数時間、手でちぎれるくらい柔らかくなったら作業は終わります。昔は草や木の灰から灰汁をとって煮ていましたが、今はソーダ灰を使うことが多いです。煮熟は繊維をほぐれやすくするためと、リグニンなどの有害物資を取り除くためです。

 

塵より(ちりより)


  煮熱完了後、水の中に浸しアク抜きをし、アルカリ液に溶出した非繊維物質を取り去ります。
 その後「塵より」という、皮に残っている黒皮や傷、繊維の硬い部分を取り除く作業に取り掛かるのですが、これが実に根気のいる作業です。1~2本づつ指先で塵を取り、裏表枝皮の細い先まで丁寧に選っていきます。きれいな和紙を作り出すためには、この塵取りは大事な作業で、三回から五回は繰り返し徹底して行います。
 紙漉きは厳冬期に行われます。なのでこの塵よりは、何時間も冷水に手を入れ続けなければなりません。冷え込んだ日などは、薄氷の張った水での作業しとなります。時折湯で手を温めながら行いますが、そのうち慣れてあまり冷たさを感じなくなります。
 木の皮は、水に晒したり陽の光に当てることで白くなります。特に雪の上に広げて置く「雪晒(ゆきざらし)」は、雪が太陽光を反射することで、美し白さが引き出せます。また、次亜塩素酸ナトリウムを使用して、化学的に漂白する方法もあります。
 しかしながら、わたしたちは出来る限り薬剤を用いた漂白は避け、自然のまま漉いています。
 

 

叩解(こうかい)


 塵よりが終わった原料を、ビーターと呼ばれる機械にかけて水といっしょに撹拌し、繊維が一本一本バラバラになるようにほぐします。
 白皮粉砕機=ビーターは、歯と歯の間を原料を通過させることによって、繊維を分散させています。叩解の頃合いを判断するのは経験値が必要で、繊維を見た目と手触りで判断していきます。

 
 
 

紙漉き

[流し漉き]


  紙を漉く前に、まずネリを用意しなくてはなりません。ゴボウに似たトロロアオイの根を石臼の中に入れ、きねでしっかり叩き潰します。これを水に漬けると粘度の高い液が溶け出してきます。これがネリです。ネリは、叩解した繊維一本一本が絡むことなく水中に分散させ、水に適度な粘りがでるため、紙漉きには欠かすことのできないものです。
 しかし、このネリの粘度はいつまでも続きません。特に気温が高いとすぐ粘度が無くなるので、漉き舟に注ぎ足しながら漉くことになります。なので、紙漉きは主に冬の作業となるのです。
 
 流し漉きの工程には「掛け流し」、「調子」、「捨て水」の三つがあります。
 最初は浅く汲み込み、簀全面に繊維が薄く平均にゆきわたるように素早く操作します。これが「掛け流し」と言い、表面にちりなどの雑物が付くのを防ぎます。
 次の汲み込みを「調子」と呼んでいます。最初よりやや深く汲み込み、簀桁を前後左右に動かして繊維を絡み合わせます。求める厚さになるまで何回も汲み込んでは揺り動かします。天井から吊った竹の弾力を利用して、汲み込まれる水の重さを軽減しながらバランスよく揺り動かします。 
 最後に、汲み込んだ水を素早く流し、簀の表面に残った水を捨てます。これを「捨て水」といいます。紙が漉きあがったら、簀は桁からはずして、紙床板(しといた)に置き、紙と紙の間に空気を入れないように伏せていきます。この時、上に上に紙を積み重ねていくので、ゆがまないように目安の定規にあわせて積んでいきます。
 
 

[溜め漉き]


 溜め漉きは「名刺」や「はがき」など、厚い紙を漉くときに行います。「流し漉き」のような工程はなく、汲んだ液を木枠に溜め、少し揺すりながら漉いていきます。比較的容易なので、神代和紙の紙漉き体験は「溜め漉き」となります。
 漉いた紙の水分は、掃除機のような吸引機で吸い、それを蒸気乾燥機で乾かせば出来上がります。

 

圧搾(あっさく)


 湿った紙を重ねて出来た「紙床(しと)」を一晩そのまま置き自然に水分を流したあと、さらに残った水分を取るために少し大きめの板で挟み圧搾機で重力を加えて脱水します。紙の層を傷めないようい一昼夜かけて徐々に圧搾していきます。
出来るだけ強く水を搾り出すことにより緊縮性に富んだ腰のある紙となります。
 

乾燥


 圧搾を終えた濡れ紙は一枚ずつ丁寧にはがし、蒸気を用いたステンレスの乾燥機の表面に貼り、刷毛でなでつけて乾かします。また少数ですが、板張りで自然乾燥もさせています。干し板は紙漉きを廃業された市内の工房から頂いた年季の入ったもの。紙に木目が薄く付き、表面に艶があるのが特徴です。
 
 蒸気乾燥機と板干し乾燥。二つの方法にはそれぞれ長所短所があり、和紙の用途で使い分けることができます。
 蒸気乾燥機は、何といっても天候に左右されず作業ができることが最大の長所です。特に私たちのような営利を目的としない団体では、会員が仕事の合間を縫って作業しているため、天候を気にせず出来ることはたいへんありがたいものです。それと、溜め漉きの厚紙も素早く乾燥することができることも蒸気乾燥機の良い点です。
 板干しはゆっくり乾かすので、紙の繊維に負担がかかりません。また、紙を貼った板を外に出して干せば、紫外線を浴びて紙が白くなります。ただし、傷みのほとんど無い板を使わないと、シミが付くことがあります。昔は板干しが当たり前で、わたしたちもできれば板を増やしたいと思いますが、干し板に最適と言われる銀杏の板など、今の時代とても手に入らないのが実情です。